ダイエットコラム

ドライフルーツダイエットの正しい方法・注意点

ドライフルーツを食べてダイエットができる!というのは少し大げさかもしれませんが、ダイエット中の方には強い味方になることは間違いありません。


まずダイエット効果があるドライフルーツは、リンゴ・マンゴー・干し柿などです。他にもたくさんあります、ダイエット中に食べるドライフルーツは食物繊維が豊富でビタミンやカリウム、ポリフェノールなども含まれていて、カロリーが低いものを選ぶとよいでしょう。


ダイエット中のドライフルーツはいつ食べると良いのでしょうか。「朝の果物は金」と言われますが、朝にビタミン、ミネラルを摂るのが健康によいとされていまから、ヨーグルトと一緒に食べたり、おやつに少量食べるのがおすすめです。


ドライフルーツの摂取量ですが、1日80kcal程度と言われています。重さにすると約25g?30gくらいです。カロリーが高く腹持ちがいいので、食べた時は物足りなくてもドライフルーツは固いので何度も咀嚼していれば満腹中枢が働いてお腹いっぱいになります。


1日の食べる量を朝から用意しておいて、小腹が空きた時に少しずつ食べるというのもダイエット中には有効だといいます。食事制限時の食事への欲求不満を解消するためにドライフルーツはとても効果的です。


ドライフルーツダイエットの注意点


ドライフルーツダイエットは、ドライフルーツで痩せるのではなく、ドライフルーツで太るのを防ぐというダイエット法です。


ドライフルーツを食事の前に少し食べると、食事量が少なくて済むというメリットがあります。ドライフルーツは不溶性食物繊維が含まれていますから、何度も噛まなければならないため、満腹感が長く続いて食事は少量で済みます。


ドライフルーツはカロリーが高いので、ダイエットの主役にするとカロリーオーバーとなってしまうので、脇役としてとらえた方が無難です。また、ドライフルーツだけでは、栄養が偏るので、他の食品でバランスの良い栄養摂取をして健康にも気をつけたいですね。


ドライフルーツを食べるとともに、ある程度の食事制限を行うことも必要です。そして、適度な運動も取り入れていけば、ダイエット効果が高くなります。


ダイエットを行う上で大切なポイントとして、ダイエットを成功させるためには、体調を整えることが大切です。体調不良の時に食事制限や激しい運動を行うとさらに体調を悪くしてしまう恐れがあります。ダイエット真っ最中という方も、体調が悪いときはダイエットを中止して、体調不良の原因を突き止める必要があります。そして体調を整えてから再度ダイエットに挑戦しましょう。


ドライフルーツを手作りする


お店で買うドライフルーツは砂糖がまぶしてあったり、植物油でコーティングしてあったりします。できればなにも加工していないドライフルーツを食べたいですよね。安く手に入り、簡単にできそうなら、自宅でドライフルーツを作ってみたいですね。


外国製の「ドライフルーツメーカー」がありますが、それではお金がかかってしまいます。天日干しかレンジでチンするのが一番簡単かと思います。


必要なのは竹製などの平らなザルか、天日干しネットそしてフルーツです。かんきつ類は農薬がついている場合があるのでしっかり洗います。5ミリ程度にすらいすしますが、色が変わりやすいリンゴやナシは薄い塩水に15分ほどつけておきます。


水気をしっかりふき取ってザルに並べますが、フルーツが重ならないように広げます。時々、上下を返しながらしっかり干します。


レンジで作るドライフルーツも5ミリ程度にスライスしたフルーツをクッキングシートをしいた耐熱皿に並べて、レンジで加熱。水分が出てくるので、ふき取ってからまた、加熱して好みの固さになったら風通しの良いところで冷まします。


自分で作るドライフルーツはできたら、有機栽培のフルーツを使えばより安全です。フルーツだけでなく、野菜にも挑戦してみてください。


ドライフルーツをアレンジして食べる


ドライフルーツはそのまま食べてもおいしいのですが、つい食べ過ぎてしまうことになりがちです。せっかくダイエット食品として食べているのにカロリーの高いドライフルーツを食べすぎて太ってしまっては元も子もありません。
そこで、ドライフルーツをアレンジして食べることをおススメしたいと思います。


1.ヨーグルトに混ぜる
この食べ方は定番でどなたでもやっていると思います。いつも食べているヨーグルトに少し加えます。ヨーグルトは砂糖抜きのプレーンを使いましょう。ドライフルーツから甘味が出ます。


2.シリアルに混ぜる
朝食はシリアル、という方にお勧めです。シリアルの量を減らしてドライフルーツを少し加えて牛乳か豆乳を入れてお好みの硬さにしてください。シリアルもドライフルーツもよく噛まないといけないので、たくさん食べなくても満腹感が得られます。


3.紅茶に混ぜる
ホットティーでもアイスティーでもできるドライフルーツ紅茶です。ドライフルーツを刻んでカップに入れておき、茶葉でもティバックどちらでもいいので普通にお湯を注いで、ドライフルーツが柔らかくなれば出来上がりです。ドライフルーツもいただきながら飲みます。


アイスティの場合はティーポットに茶葉かティーバッグとドライフルーツをいれます。通常の水出し紅茶を作る要領で、ティーポットに水をいれて、3時間ほどおきます。それで紅茶の色が出れば出来上がりですが、そのまま冷蔵庫にいれておいても大丈夫です。しっかりとドライフルーツの風味が出てとても美味しいアイスティーができます。


4.洋酒に漬け込む
洋酒にドライフルーツを漬け込むと香り高い、大人の飲み物ができます。色とりどりのドライフルーツを使えば、とてもおしゃれになって、おもてなしに使えます。


お酒はラム酒がおススメですが、ブランデーを少し混ぜてもいいですね。漬け込むビンは煮沸消毒して、よく乾かしておきます。細かく刻んだドライフルーツはオイルコーティングしたものがあるので、熱湯をかけて取り除き、キッチンペーパーなどで水分をふき取っておきます。


水分をしっかり取ったドライフルーツをビンに入れ、お酒をドライフルーツがしっかり浸るまで注ぎいれます。1日1回くらいビンをゆすってかき混ぜます。途中でドライフルーツがお酒を吸ってしまっていたら、お酒を足してください。1?2週間ほどで香り豊かなドライフルーツ酒ができあがります。